【trangia】トランギアのメスティン(TR-210)をレビュー!ご飯の炊き方や湯煎についてもまとめました

クッカー

 

キャンプでご飯炊きたい!メスティンってどうなの?

 

キャンプに慣れてきたら、ご飯を炊きたくなります。これはみんな通る道。

そしていずれ万能クッカー(調理器具)、メスティンにたどり着くはずです。

とはいえ、メスティンがどんなものか・使い方とかわからないと買う踏ん切りがつきませんよね。

そこで今回は、実際に使ってる僕がメスティンをレビューします!ぜひ参考にしてください。

 

トランギア(trangia)のメスティンについてざっくり

トランギアのメスティン「TR-210」について

手に持った時のサイズはこんな感じ

メスティンとは、スウェーデンのトランギア社(trangia)が製造しているアルミ製クッカーのこと。

アルミでできているので熱伝導性が高く、アルコールバーナーでも十分に熱が回ります。

maruo
maruo

アルミ製ゆえに、電子レンジでは使えません。火花飛ぶらしいです…

ご飯を炊く飯盒にもなるし、食材を蒸したりもできる万能な調理器具なんです。

ちなみにメスティンのサイズは2種類あります。

  • TR-210(750ml)
  • TR-209(1350ml)

僕が買ったのは上のTR-210。一人用にちょうどいいサイズですね。

TR-210 TR-209
サイズ 17×9.5×6.2cm 20.7×13.5×7cm
容量 750ml(1.8合) 1350ml(3.5合)
重量 150g 270g

※商品名クリックで、Amazonの販売ページに行けます

 

トランギア(trangia)のメスティン「TR-210」外観・質感

開封時はビニールに包まれ、説明書きが貼ってある

トランギアのメスティン「TR-210」開封①

購入時は薄いビニールで覆われてます。内側に説明書(1枚)あり

購入直後はこんな感じ。ビニールに包まれて説明書が入ってます。

取っ手は中に入っているので安心してください。

 

手触りはすべすべ、かなり軽く感じる。フタのバリに注意

トランギアのメスティン「TR-210」開封②

ビニールを剥がしたところ。取っ手は中に入ってるので慌てないように

ビニールを取ったところ。アルミ一枚板って感じですべすべしてます。

あとめっちゃ軽いのがいいですね。これで頑丈なんだから嬉しい!

フタはかなりガッチリ閉まります。そう簡単には外れないので、米炊く時の圧力にも負けないのかな?と思いました。

maruo
maruo

フタのフチ周辺はバリがあるので注意!できればヤスリで落としておきたいところ

 

取っ手は割とラフな作り、簡単に取り付けできる

トランギアのメスティン「TR-210」開封③

取っ手はこんな感じ。シンプル

メスティンを開けると、中に取っ手が入ってます。作りとしてはかなりラフな感じ。

メスティン外側についている穴に、取っ手を取り付ければ完成です!

トランギアのメスティン「TR-210」開封④

取っ手付けたところ。メスティン本体側にたためる

…正直「これでいいの?」くらいラフですが、そのシンプルさがまた良いんでしょう。たぶん。

maruo
maruo

使う前にシーズニング(焦げ付きにくくする手入れ)をしてもグッド。

今回は夕闇迫っていたのでやりませんでした!

 

トランギア(trangia)のメスティン「TR-210」でご飯を炊く方法

手順①:米と水を1:2の割合でメスティンに入れる

トランギアのメスティン「TR-210」での炊飯手順①

米は研がなくていい無洗米がオススメ

メスティンで米を炊く方法はいっぱいありますが、ここでは自己流の手順を紹介します!

まず、米と水をメスティンに入れていきましょう。

maruo
maruo

一応最初に軽くメスティン洗っておくといいかも

計量カップなんて使わず、紙コップでOK!米と水を1:2の割合で入れていきます。

トランギアのメスティン「TR-210」炊飯手順②

紙コップ1杯分はこのくらい

紙コップ一杯分の米をメスティンに入れたら…

トランギアのメスティン「TR-210」炊飯手順③

同じ紙コップで2倍の水を入れます

その2倍、紙コップ二杯分の水をメスティンに入れます。

トランギアのメスティン「TR-210」炊飯手順④

水を入れたところ。結構いっぱいな感じ

分量的にはこんな感じになります。

ちなみに、使う米は無洗米が便利です!研がずに水入れるだけでいいので。

僕が使ってる米も無洗米です!めっちゃラク〜〜

 

手順②:30分放置して、米に水を吸水させる

トランギアのメスティン「TR-210」炊飯手順⑤

30分間、水を吸わせます。この間は料理したり本読んだり

メスティンに米と水を入れたら、30分間放置!

じっくりと米に水を吸わせるわけですね。大事な時間。

正直この時間はかなりヒマになるので、他のおかず作ったり読書するのがオススメです。

僕はKindle持っていきました。電池数週間持つし、ライトもあって読みやすいので便利。1つは持っておくといいですよ!

Kindleのおすすめ機種をランキングにした記事に、どの機種がおすすめか書いてあるのでぜひ参考にしてください〜!

※別ブログの記事です

 

手順③:焚き火や炭火で20分間加熱する

トランギアのメスティン「TR-210」炊飯手順⑥

焚き火にメスティンをIN!変形したりしないので安心して入れてください

30分間水を吸わせたら、いよいよメスティンを加熱します!

焚き火台の上に五徳をセットして、20分間加熱しましょう!

maruo
maruo

僕が使ってる焚き火台と五徳は、両方ユニフレームのやつです。おすすめ

途中で吹きこぼれるので、そうなったら少し火を弱めてください。炭ずらすとかして。

中が気になるとは思いますけど、開けたりせず20分間加熱を続けましょう。

 

手順④:火から離して10分間放置(蒸らす)

トランギアのメスティン「TR-210」炊飯手順⑦

火から離したら、10分の蒸らし。取っ手が熱くならないのがスゴイ!

20分間加熱したら、火から離して10分間蒸らします。

取っ手は全然熱くないんですが、メスティン自体は熱いので注意!下に敷くものあったほうがいいですね。

ここでも中が気になると思いますが、我慢して10分間放置。

 

手順⑤:完成!少しやわらかめの、おこげ無しごはん!

トランギアのメスティン「TR-210」炊飯手順⑧

ごはんが炊けました!キャンプで食べる炊きたてごはんのうまさは異常です!

10分間の蒸らしが終わってメスティンを開けると…ごはんが炊けてます!

僕の手順だと、合計1時間で少し柔らかめ・おこげ無しのごはん。焼きたてのウィンナーによく合うんです…!

固めがいいとか、おこげ欲しい!って場合は水の量とか加熱時間を調整してみてください。

今回紹介した手順を元に、自分好みの炊き具合を見つけるのもまた楽しい…!

 

トランギア(trangia)のメスティン「TR-210」は焼き鳥缶詰の湯煎にもぴったり

トランギアのメスティン「TR-210」での湯煎

湯煎にも有用。2個までいけるのがいいですね

TR-210のサイズ感、缶詰にジャストサイズ!気軽に湯煎ができちゃいます。

ホテイの焼き鳥缶詰なら、2つまで同時に湯煎できますね。

湯煎時のコツとしては、

  • 缶詰のフタは開けておく(破裂防止)
  • 水は少し浅めに(沸騰して缶詰に水が入るので)
  • 湯煎時間は3~5分くらい

といったところ。メスティンに限らず、缶詰の湯煎では気を付けたいポイントです。

湯煎後はフタもかなり熱くなっているので、ヤケドしないように注意!

ちなみに写真で湯煎している缶詰、ホテイのやきとり缶です。うまい。

 

トランギア(trangia)のメスティン「TR-210」で調理やプリン作りもできる

メスティンは基本的に飯盒、ごはん炊くのに使いますが料理も可能!

僕はまだ挑戦できていませんが、上の本のように色んな料理を作ることができます。

中にはカスタードプリン作ってしまう猛者もいるとか…”メスティンマスター”じゃん…!

 

トランギア(trangia)のメスティン「TR-210」良いところまとめ

  • シンプルで頑丈なつくり、しかも軽い
  • 加熱しても取っ手が熱くならない
  • ごはん炊く以外にもいろいろ使える

実際に使ってみて感じた良いところは、上のとおり。

さすがに人気なだけあって、使いやすいですね。シンプルさの勝利!

デメリットは特に感じませんけど、強いて言えばフタのバリくらいでしょうか…?

必ずバリ取りする必要もないですけど、手を切らないように注意!

maruo
maruo

ちなみに空焚きは絶対NG!!

さすがのメスティンも歪んで使えなくなるとのこと…

 

おまけ:メスティン「TR-210」はしょっちゅう品切れになるので、買うならチャンス逃さずに!

僕もそうだったんですが、メスティン超人気ゆえに買えないことがあるので注意!

アマゾンでは割と在庫切れなこと多いです。みんな買うから。

maruo
maruo

この在庫切れに乗じて数千円の値上げ出品している業者もいます…!

そんな時に買う方法ですが、モンベルとかの実店舗で取り寄せしてもらうのがベスト。

僕は実際に取り寄せで買いましたけど、2日で受取できました!サンキューモンベル。

「どうしても欲しいけど、Amazonで在庫切れ!」なんて時は、実店舗にお願いしてみてください。

 

まとめ:トランギアのメスティンはいいぞ!キャンパーなら一つは持っておこう

  • メスティンとはトランギア社製造のアルミクッカー
  • 質感は軽くてすべすべ。フタのバリに注意
  • ごはんを炊くには1時間ほどかかる
  • 缶詰の湯煎にも便利、2つ同時にいける
  • ごはんのみならず、色んな料理が作れる
  • 空焚きは歪むので絶対NG!
  • Amazonでは在庫切れ多し。実店舗で取り寄せもおすすめ

今回はトランギア(trangia)社のアルミクッカー、メスティンを紹介しました。

実際使ってみると、これが人気な理由がよくわかります!完成されたシンプルさ。

価格もお手頃なので、キャンパー諸兄はぜひ買うべき!キャンプ場で炊くホカホカのごはん、マジでウマいです…!

ぜひメスティンを手に入れて、キャンプをもっと楽しんでくださいー!

コメント